『アルプの音楽会 音の顔と性格』ジャケット

アルプの音楽会 音の顔と性格
 
 
 
2018年8月17日 OTOTOYより配信開始
 
¥2,160 (tax in) ¥2,000 (without tax)
 
 
音という物理的な現象を主題としながら、遊ぶ子供のようなユニークさで作られた楽曲群。ラップトップによって加工した電子音、物音、特殊な振動から生まれる響き。 一つ一つを固有の楽器のように扱い、それら全てにアルプの手を通した有機的な演奏が伴っていることを、やはり音が、物語る。メインの他に配置した幾つかのスピーカーや、それらと等価の存在として鳴る行為の物音。音楽会での独特な音響を捉えた録音に、アルプ自ら編集とミックスを施し、新たに生まれた音像が会場を超えて特別な空間を作り出す。(こんな音は、この音楽会の録音でなければ作れない、そして、音源でなければ体験できない音楽会がここにある!)このアルバムはアルプにとって、もう一つの音楽会です。誰かがどこかで耳を澄ました時に、ほんの少しでも、発見や想像の端緒となることがありますように。
 

STスポットにて行われた公演『アルプの音楽会 音の顔と性格』の記録音源。
全10曲収録。96kHz/24bitハイレゾ配信。
購入者特典として記録映像とブックレットPDFが付属。
 

01. 生い茂る電子音
02. 手が変
03. スピーカーのまばたき凸
04. スピーカーのまばたき凹   
05. 低音新聞
06. 落下の自由研究
07. 読む人
08. 動く人
09. 遠近の待ち合わせ
10. パンとピント
 

 アルバムクレジット
 
作曲・編曲・演奏:アルプ〈石塚周太+木下美紗都〉
ミックス・マスタリング:石塚周太
 
ゲストパフォーマンス:大崎清夏 福留麻里
 
♩大崎清夏
02 クラップ
05 スピーカーに新聞をかざす
06 米粒をフラスコに落とす
07 朗読 ※
09 ノックする、口笛、送風機を設置する
※07 朗読は大崎清夏による『黙祷』という詩です。
 詩集『新しい住みか』に収録されています。
 
♩福留麻里           
02 クラップ
05 アンプにスネアを置く、スピーカーに新聞をかざす
06 レインスティック
08 ダンス
09 ノックする、口笛、掃除機をかける
10 クラップ
 
録音:葛西敏彦
録音協力:國崎晋
 
ジャケットデザイン:佐々木暁
 
 

記録映像クレジット
 
監督・編集:河合宏樹
撮影:河合宏樹 中島唱太

整音:石塚周太

 

 公演クレジット
 
アルプの音楽会 音の顔と性格
alp's concert sound face, sound case

日程:2016年10月20日(木)~ 23日(日)
会場:STスポット

音楽・出演アルプ 〈石塚周太+木下美紗都〉
ゲストパフォーマー:福留麻里 大崎清夏
照明:佐藤泰紀
宣伝美術:佐々木暁
記録写真:前澤秀登

トークゲスト:佐々木敦 大谷能生
広報協力:HEADZ

企画制作:STスポット
主催特定非営利活動法人STスポット横浜
共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会


CM1
 
 

CM2